コンセプトが表す商品

株式会社バートルの持つコンセプトは、その商品にも多大な影響を与えています。コンセプトとは企業の心臓とも言えるものなので当然といえば当然なのですが、商品に影響を与えるコンセプトを持つ株式会社バートルは、大きな決意を持って作業着を扱っているのだということがわかります。コンセプトと商品の関係性について調べていきましょう。

チノパンまず、コンセプトの原典にあたる部分ですが、こちらはファッション性の高いヘンリーボーンやライトチノがそれに当たります。作業着といえば、どちらかといえばファッション性は二の次といった印象のある業種です。しかし、常に変化を恐れることのない株式会社バートルでは、このような自分らしさをさりげなく演出することが出来る素材を使いこなすことによって、作業着においても高いファッション性を実現しています。また、「信念」の中にある、高品質かつ経済的な価格を実現することというのはワーキングポロシャツの高い機能性と求めやすい価格に表れています。これらの優れた商品を提供することにおいて、顧客との信頼関係を築くことが「使命」につながってくるのです。

株式会社バートルの商品がコンセプトと大きなつながりを持っていることがわかりました。このような企業がますます伸びていくのだと予想されます。

コンセプトの概要

企業にはコンセプトがあり、そのコンセプトこそが、その企業を表す大黒柱だと言えます。昭和33年に設立された作業着を扱う企業の株式会社バートルも、その例外ではありません。株式会社バートルのコンセプトとはどのようなものになるのでしょうか。

作業服まず、常に変化を恐れずに挑戦し続けるという「原点」が挙げられます。株式会社バートルはワークウェアアパレルのリーディングカンパニーを目指しています。そして、それは株式会社バートルの持ち味を生かしながら遂行されるものです。さらに、その業務内容のすべては、仕事のための機能服を徹底的に追求するものともコンセプトの中で株式会社バートルは語っています。また、経済的な価格と高品質を実現することこそが、リアルワークウェアブランドの信念であると株式会社バートルは考えているようです。さらに、それらの商品を通じて、顧客に対して「安心」「満足」「本物」を提供し続ける存在であることを株式会社バートルは「使命」だと考えています。

ワークウェアを使用する人たちの良きパートナーとして存在する株式会社バートル。そのコンセプトから、作業着や顧客に対する思いが伝わってくるようです。今後にも注目が集まります。つづいてコンセプトが表す商品について紹介していきます。

コンセプトと作業着

男性多くの企業が、その業務内容にコンセプトを持っています。そのコンセプトをなぞることによって、理想の業務体系が完成されていくのです。作業着を扱う衣料メーカー、株式会社バートルでは、そのコンセプトに注目が集まります。それは一体どのようなものになるのでしょうか。

株式会社バートルのコンセプトは「原点」「信念」「使命」が挙げられます。これらの意味合いは企業活動に大きな影響を及ぼし、また、その商品にもインパクトを与えているのです。たとえば、高いファッション性や、機能性と価格面を両立させた商品などを多数送り出すことで、顧客に対して「本物」と「安心」と「満足」を提供し続けている株式会社バートルの起業活動。それら全てがコンセプトを踏襲したものであり、逆を言えば、コンセプト以外の活動をすることはバートルの特色としてふさわしくないとも言えます。株式会社バートルがその独自の世界観を大切にしているのは、そのコンセプトを重要視しているからこそなのです。ライトチノやヘリンボーンなどの素材を生かした株式会社バートルの作業着はこれからも発展を遂げていくという声も聞かれます。

作業着の国内メーカーにおいて高い知名度を持つ株式会社バートル。今回はそのコンセプトについて調べてみました。作業着を購入するときに多くの場面で目にすることになる株式会社バートルの文字。この企業のコンセプトに興味がある方は是非ともお読みください。きっとあなたの役に立つはずです。まずはコンセプトの概要からお伝えいたします。

関連サイト・・・バートルの作業着販売サイト<ユニフォームタウン>